宮城の県立高校にエアコン設置を申し入れ 2020年7月6日

2020_0706.jpg

公明党県議団・自民党県議団・21世紀クラブの3会派で村井宮城県知事宛に「宮城の県立高等学校へのエアコン設置を進めること」を申し入れました。

村井知事は「大変重く受け止めたい」と述べ、慎重に検討する考えを示しました。終了後に3会派で記者会見を行いました。

6月県議会の予算特別委員会で質疑 2020年6月30日

2020_0630.jpg

6月30日、予算特別委員会で質疑にたち、「社会福祉等感染症対策費」について質疑しました。

内容は「多機能型簡易居室について、既存建物内への設置やコンテナハウスによる新設が考えられるが、どのような形態を基準とするのか。補助上限額や設置基準、想定対象数はどのように考えているのかなどを質しました。保険福祉部長からは「580事業所でプレハブの設置などを想定」と回答がありました。

歩行者の安全を守る。鋼板製の橋が整備 2020年6月15日

2020_0615.jpg

八乙女中央地内の用水路にかかる鋼板製の橋が新しく整備されました。

腐食が進み、歩行者の安全性が危惧されていたところです。「地域で子どもを守る会」の役員の方から整備の要請を受け、区役所道路課に申し入れていた箇所です。
2020-06-15 | 実績 | トラックバック(0) |

要害川支障木伐採へ 6月7日

2020_0607.jpg

6月7日、泉区山の寺1丁目地内の要害川の支障木と堆積土砂さらに台風の際に土砂崩れのあった現場を地元連合町内会長さんはじめ役員の方々と視察しました。早速、県仙台土木事務所に申し入れを行い、支障木については8月中に伐採することが決まりまし
た。
2020-06-07 | 視察 | トラックバック(0) |

東日本大震災を伝承する為に 2020年6月3日

2020_0603.jpg

6月3日は公明党県議団の4人で、東日本大震災の最大被災地の一つ石巻市南浜に伺い、(公社)3,11みらいサポートの中川専務理事さまから、整備が進む南浜復興祈念公園の全体像と市民の伝承活動に係る課題や、震災の教訓を伝承するに当たって、複層的なネットワークに横串を刺すような、中間組織の必要性などについて示唆に富むお話をお聞かせ頂きました。

震災から9年を経過するなかで、風化と抗い伝承活動にご尽力くださる個人・団体をしっかり支え、住民主体の活動が綿々と引き継がれていくよう取り組みたいと思います。

河川改修工事が実現へ 2020年5月18日

2020_0518.jpg

昨年の台風19号の被害で護岸がえぐられた栗原市一迫町にある長崎川の河川改修の要望を地元区長から受け、三浦市会議員と共に視察しました。

同席した県北部土木事務所栗原地域事務所所長から、台風シーズンまでに工事を行う旨の回答がありました。
2020-05-18 | 実績 | トラックバック(0) |

第3次となる「新型コロナウイルス感染性に関する要望」提出 2020年4月13日

2020_0413.jpg

公明党宮城県本部といたしまして、「新型コロナウイルス感染症に関する要望ー第三次」を、村井宮城県知事に対して行いました。

主な項目は ○県と仙台市が緊急共同宣言を発出すること。○国の臨時交付金を活用して休業を要請する企業に支援金を拠出すること。○コールセンターの人員を拡充すること。○陰圧式テントによる外来受診者増加への対応。○休校の長期化に備えた学習教材配布とオンライン化への準備等の21項目です。

皆さんから頂いた貴重な声を、少しでも形にできるよう頑張って参ります。

第2次となる「新型コロナウイルス感染性に関する要望」提出 2020年3月30日

2020_0330.jpg

村井嘉浩宮城県知事に対し、公明党宮城県本部として第二次緊急要望を行いました。

新型コロナウイルス感染性が、市民生活や地域経済に深刻な影響を及ぼしはじめている中、約1ヶ月かけて、県内の議員団で事業所や各種団体などに伺い、課題やご要望を聴取してきた声をもとにして、42項目の具体な要望を届けました。

感染症対策本部の聞き取り調査を実施 2020年3月26日

2020_0326.jpg

公明党宮城県本部新型コロナウイルス感染症対策本部として、横山信一参院議員(復興副大臣)とともに泉区内の泉ヶ岳スキー場の支配人や根白石の牧場でみやぎの酪農農業協同組合の方々から現下の厳しい状況を聞かせて頂き、切実なご要望も承りました。今後編成される国や県の補正予算案に、現場の声をしっかり反映させてまいります。

丸森町被災現場を赤羽国土交通大臣が視察 2020年3月7日

2020_0307.jpg

赤羽国土交通大臣が、台風19号で甚大な被害に見舞われた丸森町数ヶ所を視察。公明党県議団4名も同行させて頂きました。

大規模な被害を被った国道や砂防箇所では、国が権限代行で24時間体制のもと復旧に当たり、短期間で整備を終えることができました。しかし、台風被害の爪痕は深く残っており、沢山の方々が仮設住宅等で不自由な暮らしを送っておられます。これからも現場に足を運び、少しでも生活再建が早く遂げられるよう、取り組んで参りたいと思います。
2020-03-07 | 視察 | トラックバック(0) |
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、3人暮らし。

現在、党役職:県本部副代表。広報局長。議会局長。泉総支部総支部長他

議会役職:建設企業・保健福祉・文教警察常任委員会委員長を歴任。現在、農林水産常任委員。地域再生対策特別委員。公明党県議団会長。

最新記事
月別アーカイブ