スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第349回宮城県議会が閉会

10月16日、第349回宮城県議会が閉会しました。

今議会は東日本大震災関連の復旧・復興経費の他、国の内示に伴う公共事業費、制度改正等に伴う特定疾患の治療費助成の拡充など総額で15億円の補正予算を議決。工事請負案件として46件、そして本日、追加議案23件を議決し、県議会としても復旧・復興がますます加速するように努めています。

それ以外にも25年度決算の認定。米価下落に伴う支援策、放射性物質処分場問題や危険ドラッグについてについて議論が行われ、1ヶ月間の会期を終えました。

私は、決算総括質疑で、危険ドラッグと県有資産の有効活用について質問に立ちました。

2014_1016.jpg

宮城県議会が閉会  平成26年7月3日

7月3日、第348回宮城県議会が閉会しました。

今議会は復興交付金を基金に造成する34億円や、被災した漁港の整備費10億円。仙台空港の民営化を推進する費用3千万円等を審議した他、震災復旧工事として、多くの工事請負案件を審議しました。

それ以外にも医学部の設置についてや、放射性物質処分場問題について議論が行われ、21日間の会期を終えました。

2014_0703.jpg

第346回宮城県議会で一般質問 平成26年6月26日

2014_0626.jpg

6月26日、県議会一般質問で登壇

①宮城県の水産業振興について
②震災復興からの諸課題について
③宮城県図書館の今後の在り方について

以上3点について質問しました。
前向きな答弁が少なく残念でした。

県議会6月定例会が開会 平成26年6月13日

6月13日、宮城県議会6月定例会が開会され、97億4700万円の一般補正予算案など32議案が提出されました。会期は7月3日までの21日間です。

また、開会に先立ち第37回ラウンジコンサートが開かれました。県内の被災地を中心にライブ活動をしているJポップユニット「かけらライオ」が約140人の前で演奏しました。今回は司会を担当しました。

2014_0613_1.jpg
2014_0613_2.jpg

131議案可決し県議会閉会 平成26年3月20日

2014_0320.jpg

3月20日、宮城県議会2月定例会は本会議を開き、総額1兆4580億円の2014年度一般会計当初予算など131議案を原案通り可決、閉会しました。

開会中に東日本大震災から3年が経過した2月定例会は、被災地の生活再建と将来の発展を見据えた創造的復興の在り方がテーマの一つになりました。将来を見据えた施策を進めながら、いかに被災地の復旧・復興を進めるか。再生期を迎える宮城県の課題として取り組まなければならないと決意を新たにしました。

閉会後、保健福祉委員長として、議長の定例会見に同席しました。
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。