第6次となる、「新型コロナウイルス感染性に関する要望」提出 2020年7月6日

2020_0706_2.jpg

公明党宮城県本部として第6次となる、「新型コロナウイルス感染性に関する要望」を村井県知事に提出いたしました。

要望は社会・経済活動の持続に関することや、保健福祉対策の充実について等、大綱4点全35項目からなっています。村井県知事からは「いつも現場の声をまとめて要望頂き、本当にありがたいと思っている。しっかりと検討したい」との見解が示されました。
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、3人暮らし。

現在、党役職:県本部副代表。広報局長。議会局長。泉総支部総支部長他

議会役職:建設企業・保健福祉・文教警察常任委員会委員長を歴任。現在、農林水産常任委員。地域再生対策特別委員。公明党県議団会長。

最新記事
月別アーカイブ