スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北豪雨の被害調査  平成27年9月19日

2015_0919.jpg

9月19日、公明党の井上義久幹事長と小田島久美子仙台市議とともに東北豪雨に伴う農業被害の状況を調査しました。

仙台市泉区根白石の花輪地区では、近くを流れる花輪川が氾濫し、水田の稲がなぎ倒されていました。農家の熊谷貞男さん(70)は「稲穂が水に浸かり、売り物にならない。来年の作付けには土砂の撤去が必要」と窮状を訴えました。熊谷常司さん(69)は「長年、ここでコメを作っているが、こんな被害は初めてだ」と述べました。

井上幹事長は「被災農家へ早急に共済金が支払われるよう働き掛けるとともに、市、県、国の党のネット ワークを挙げて農地の復旧支援に努める」と語りました。
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。