スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの日の教訓 被災地からの発信」平成26年3月23日

2014_0323_1.jpg
2014_0323_2.jpg

3月23日、忘れない。寄り添い続けるー巡回写真展「『人間の復興』へ」がスタート。

あわせて公明党宮城県本部では、公開フォーラム「復興から再生の明日へ」を開催しました。これには県内外から約500人が参加し、復興への課題や今後の防災対策などについて理解を深めました。フォーラムは二つのセミナーに分かれ、第一セミナーでは、東北大学災害科学国際研究所の平川新所長が「命を守るために」と題して基調講演。また、4人のパネリストが「被災地の使命とは~風化させないために」をテーマに討論も行いました。一方、第二セミナーでは、NPO法人「イコールネット仙台」の宗片恵美子代表理事が「女性の視点で防災・災害復興に取り組む」と題して基調講演。4人のパネリストが「被災者の心と向き合って」をテーマに意見を交換しました。
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。