スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魅力ある地域づくりへ」党北海道・東北方面の合同政策局長会に出席  平成26年7月29日

2014_0729.jpg

 7月29日、仙台市で開かれた公明党北海道・東北方面の合同政策局長会に出席し、地方議員らと意見を交わしました。

 これには、公明党の桝屋敬悟政務調査会長代理(衆院議員)・佐藤英道衆院議員・若松謙維参院議員、党北海道本部と東北各県本部の政策局長らが出席しました。
 会議では、来春の統一地方選挙の重点政策の素案について議論しました。桝屋氏は「人口減少・超高齢化社会に対応していくためには地方の活性化が不可欠。魅力ある地域づくりへ、皆さんの意見を踏まえて政策をまとめ上げたい」と述べました。
 出席した地方議員からは、東日本大震災からの復興加速や地域包括ケアシステムの構築、消費税などをめぐって、現場目線の政策が次々と提案されました。
スポンサーサイト
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。