スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幸齢社会をめざして」東北大学・川島隆太教授と懇談 2012年10月26日

20121026_1.jpg
20121026_2.jpg

10月26日,東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授を訪ね、お話を伺いました。

川島教授は、任天堂DS「脳トレ」で有名です。
社会貢献として、得た収益を脳の形状、血流を調べる機能的MRIなどの研究設備に投じて、高齢期をいかに健やかに豊かに暮らすかをテーマに脳の活性化について研究を続けていらっしゃいます。

軽度認知機能障害(東北大学の調査では軽度認知機能障害の方を追跡調査すると、2割の方が認知症を発症する)の方に半年間、川島教授らが開発した、単純な読み書き計算を使う「作動記憶トレーニング」をしていただいた結果、約9割の方が認知機能が正常化し、その後数年間は正常値を維持することがわかったそうです。

全国で1200以上の介護施設に導入され、約12000人の認知症の方の症状改善に効果をあげており、また、「脳の健康教室」として、全国の自治体約400会場で5000人以上の方が取組み、脳機能の維持・認知症予防に役立っているということでした。
スポンサーサイト
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。