スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第326回県議会(平成22年2月定例会)で一般質問 2010年3月3日

2010_0215.jpg

県議会では、
1,富県宮城を支える県土づくり
2.安心できる生活環境の整備
3.特別支援教育の充実について
4.離島振興対策について
の大綱4点にわたって一般質問しました。


 その中で、公明党が新たなビジョンを指し示すため、全国3000名を超える議員のネットワークを通じて「介護総点検」を実施した結果を踏まえて質問。「介護施設が圧倒的に足らず、少なくとも施設を倍増させる必要があること」「在宅介護の不安も解消できないこと」「介護現場で働く人が待遇面で希望をもてないこと」の3点について早急に対策を講ずるべきと訴えました。
 さらに、宮城県の現状を踏まえ、介護家族の負担解消のためには、快適な住環境の確保への公的支援、ショートステイやデイケアの充実、レスパイトケアの大幅な拡充などを求めました。
スポンサーサイト
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。