沖縄県庁で特別支援教育について調査 2010年1月20日

2010_0120.jpg

1月20日、県議団として沖縄県庁を訪れ、沖縄県における特別支援教育の取り組みの概要ならびに県立高校における特別支援学校の分教室設置について調査しました。

調査の目的は、沖縄県が行っている特別支援教育事業のうち、公立高校における特別支援学校の分教室設置という取り組みです。全国定期傾向として、知的障害をもっている児童・生徒の増加(特に高等部)が沖縄でも顕著であるため、平成21年4月から3年間の研究事業として、高等支援学校の分教室という形態で、県内3つの公立高校内に3分教室を設置するものです。

全国でもすでに10府県・27分教室が設置されていますが、残念ながら宮城県では未設置です。今後、県議団としてもこの問題を推進したいと考えています。
2010-01-20 | 視察 | トラックバック(0) |
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、3人暮らし。

現在、党役職:県本部副代表。広報局長。議会局長。泉総支部総支部長他

議会役職:建設企業・保健福祉・文教警察常任委員会委員長を歴任。現在、農林水産常任委員。地域再生対策特別委員。公明党県議団会長。

最新記事
月別アーカイブ