スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「輸入食品の安全対策」仙台検疫所を視察 2008年2月25日

2008_0225.jpg

 公明党の副代表井上義久衆院議員らと2月25日、輸入食品の安全対策を探るため、宮城県塩釜市の仙台検疫所を視察し職員と意見を交換しました。                 

 同検疫所の山口秀一次長から、2008年度の輸入食品監視指導計画における改正点について、(1)約8万件の食品類をモニタリング検査計画の対象にするほか、残留農薬など検査項目を拡充(2)食品衛生法を順守した原材料や添加物、製造方法であることの再確認を輸入者に求める指導の徹底――などが強化されたと説明を受けました。その上で山口次長は「食品に関する危害情報を迅速に収集し、県や市との連携で、ただちに回収措置が取れるよう努力したい」と述べました。               
 井上氏は「国民の食の安全・安心を守るため、国、都道府県と市町村、検疫所など関係機関が情報を共有化し、緊密な連携が取れる危機管理体制の確立をめざしたい」と述べました。
スポンサーサイト
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。