スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算特別委員会での総括質疑

10月3日、宮城県議会予算特別委員会での総括質疑で「海洋再生可能エネルギー導入費」について質問しました。

国では、長期需要見通しにおいて、2030年電源構成として再生可能エネルギー導入22~24%に高める見通しを示しています。県の取り組み等を質しました。

2016_1003.jpg
スポンサーサイト

県議会で一般質問

3月1日、県議会の一般質問に立ち大綱3点について質問しました。

1点目は自転車の安全対策を中心に、交通安全対策について。
2点目は、木質バイオマス発電とCLTを中心とした県産材の有効活用について。
3点目は危険ドラッグの対策を含めた薬物乱用防止対策について 

―質問しました。

2016_0301.jpg

危険ドラッグ対策に全力 平成27年9月17日

9月17日の宮城県議会で議員提案条例として「宮城県薬物乱用の防止に関する条例」の提案理由説明を行いました。

薬物の乱用による被害や事故の発生、覚醒剤事犯検挙件数が高止まりするなど、状況は依然として厳しいものであることから、薬物濫用の防止に関する普及啓発について、対策の強化などが必要なことから超党派の議員と連携し、提案しました。

2015_0917.jpg

予算特別委員会で総括質疑 平成27年6月29日

6月29日、公明党県議団を代表して、1つ「地域再エネ水素ステーション導入費について」、2つ「畜産競争力強化対策整備費について」総括質疑を行いました。

特に、宮城県では、将来の二次エネルギーの中心的役割を担うことが期待される水素の利活用を積極的に進め「東北における水素社会の先駆け地」となるべく「みやぎ水素エネルギー利活用推進ビジョン」を掲げ、燃料電池自動車FCVの普及と水素ステーションの整備促進を重点的に取り組んでいるについて質問しました。

2015_0629.jpg

第351回宮城県議会で一般質問

3月3日、県議会の本会議で一般質問を行いました。

質問内容は、「地方創生」「震災復興に関する諸課題」「公共施設の長寿命化」「活力ある林業の再生と再生可能エネルギー」について取り上げました。

2015_0303.jpg
QRコード
QRコードで携帯電話に簡単アクセス!
QR
プロフィール

伊藤かずひろ

Author:伊藤かずひろ
宮城県議会議員(仙台泉選挙区)仙台市出身。仙台市立東華中学校、宮城県仙台向山高等学校卒業後、創価大学経済学部経済学科を卒業。家族は妻、娘、実母の4人暮らし。
現在、党役職:宮城県本部副幹事長。県民運動本部長。政策局長。泉総支部総支部長他
議会役職:建設企業常任委員会委員長。予算特別委員会理事。広報委員会委員。議会改革推進会議委員。議員定数・選挙区等検討委員会委員。

最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。